ベタ基礎

べたきそ

建築物の直下全面を板状の鉄筋コンクリートにした基礎。基礎底面の面積が大きいので、荷重を分散させ地盤やスラブに伝えることができ、不同沈下に対する耐久性や耐震性を増すことが可能となります。床下全面が鉄筋コンクリートになるので防湿対策にもなります。