スウェーデン式サウンディング試験

1917年頃、スウェーデン国有鉄道不良路盤の試験方法として採用し、その後スカンディナヴィア諸国で普及しました。日本では、1954年頃に建設省が河川堤防の地盤調査として導入。1976年にはJIS規格に制定され、住宅建築の際の地盤調査に用いられている試験方式。

試験方法は、鉄棒(ロッド)にスクリューを取り付け、荷重を掛けた時点で静止状態による沈み込み(自沈)が無ければロッドを回転させ、25cm貫入するのに半回転(180度)で何回転したかを測定します。貫入状況(自沈状況と回転量)で地盤の支持力を評価します。