地中梁

ちちゅうばり

鉄筋コンクリートの独立基礎の移動・ねじれ・不同沈下(建物の沈下の仕方が場所によってかたよること)を防ぐ目的で、基礎相互を連結する梁。

構造計算で柱脚を固定にする場合には必ず用いられ、柱脚に生じるモーメント(柱脚を回転させようとする力)を負担します。