賃貸住宅経営

賃貸マンション経営は、長期にわたって安定収入が期待できます。
 正確な市場調査を行い計画された賃貸マンションは、長期にわたって安定したご入居者を確保出来ます。つまり、オーナー様にとっては長期にわったて安定した収入が期待できるのです。
 賃貸マンション経営は専門知識をそれほど必要とせず、信頼できるビジネスパートナーを選択することにより、ローリスク、ロングリターンの事業が期待できます。

賃貸経営のメリット

長期的な安定収入

 ご存じの通り、多くの投資は運用益が景気の動向に左右されますが、賃貸マンション経営は、耐用年数を考慮した建物を建築して事業に乗れば、賃貸マンション経営による長く安定した収益が期待できます。賃貸マンション、賃貸アパート経営は景気が悪くなったからといって、入居者がすぐに退去したり、急激な家賃の下落をすることはありません。このことは、地域性にも大きく左右されません。  また、賃貸住宅経営の開業には特別な手続きや免許などは不要です。税務関係で税務署に書類を出す程度です。

手間・人件費をかけない・かからない!?

賃貸マンション経営は、軌道に乗れば他のビジネスに比べて少ない手間で運用が可能です。
完成後の管理はオーナー様自身で、あるいは管理会社に家賃の5%~10%程度の手数料を支払って運用を依頼することができ、一般企業のような人件費や労務費は不要です。

各種の節税効果

 更地に賃貸マンションを建てると土地の評価が下がり、「相続税」、「固定資産税」、などの節税効果があります。 さらに、鉄筋コンクリート造なら耐用年数が木造の約2倍あり、所得税の面でも節税対策に大きなメリットがあります。

( 住宅建物法廷耐用年数 )
木造 22年
鉄骨造 34年(※内厚4mm強)
鉄筋コンクリート造 47年

賃貸経営の成功の秘訣は、

入居者ニーズを反映した賃貸マンションであること
「 お客様=入居者に喜ばれる建物を建てること! 」です。
 あたりまえですが、安定した賃貸経営の実現は、入居者に長く住んでもらうことと、満室状態にすることです。そうなれば、入居者のニーズを的確に捉えることが大変重要なポイントになります。
 つまり、入居者に喜んで頂ける建物の創造こそが第一だと伊藤工務店では考えます。
伊藤工務店は、永年の賃貸マンション建築の経験と、徹底したマーケットリサーチにより、的確なアドバイスをさせていただき、オーナー様と共に長期安定経営の創造をお手伝いいたします。
入居者に喜ばれる建物とは、
  1. 入居者からの苦情が出にくい
  2. 安心して快適に暮らすことができる
  3. 長く住みたいと思えるポイントがある