相続税対策

2015年1月1日相続税改正

基礎控除額の改定

改正前
2014年12月まで 5,000万円と法廷相続人1人当たり1,000万円の合計額
改正後
2015年1月から 3,000万円と法廷相続人1人当たり600万円の合計額

例えば・・・

配偶者と子供2人が相続人なら
改正前→5,000万円1,000万円×3人(法定相続人)⇒ 8,000万円
・・・ところが
改正後→3,000万円600万円×3人(法定相続人)⇒ 4,800万円

相続税の税率改定

※課税段階が増え、課税標準額が2億円超3億円以下、6億円超の場合は増税になります。

相続税対策に『賃貸住宅経営』

土地に賃貸住宅を建てると、借地権割合と借家権割合、賃貸割合の適用により減額され土地の評価が下がります。建物についても借家権割合などに応じて評価が下がります。賃貸住宅経営に適した土地があるなら、評価額を下げる手段として有効です。
でも相続税対策だけが目的の賃貸経営は失敗する!?

賃貸住宅経営をはじめるチェックポイント

  • 周辺の賃貸ニーズはどのようなものか
  • 周辺の家賃相場はどのくらいか
  • 賃貸住宅経営に適しているのか
  • どのくらいの規模の建物が建てられるのか
  • 信頼できるパートナー(建設会社、不動産業者など)はどこか

※弊社では、専門スタッフが無料にてご所有地の市場調査(賃貸住宅経営に適した土地であるかの調査)を行います。

お問い合わせはこちら