施工管理

建物は、施工のプロセス一つ一つが手造りです。
従って、施工品質管理の体制が建物の完成度を左右します。
弊社は、常に技術力の向上と徹底した施工品質管理体制をもとに安心・安全な建物造りに取り組み、均一な製品の提供ため、製品の受入検査・各工程ごとの工程内検査をチェックリストに基づき、徹底した施工管理体制を確立しています。

こだわりの施工品質管理体制

現場と設計監理者が連携し、細やかな施工品質管理を行っています。

現場管理者検査

地業工事
  • 既成杭打ち工事
  • 現場打ち杭打ち工事
  • 地盤改良杭工法
各種杭打ち工事

設計監理者検査

地業工事
  • 杭芯の位置確認
  • 支持層の土質確認
  • 電流計による支持層の確認
  • 地耐力試験

基礎・各階 躯体工事

  • 型枠検査
  • 配筋検査
    (各階、工程毎にチェックリストに基づき検査を行う)
  • 柱・壁配筋検査
  • 梁、スラブ配筋検査
    ・鉄筋径・本数(間隔)、かぶり厚さ等の検査を行う。

コンクリート工事

生コンクリート受入検査
  • 生コンクリート配合確認
  • 生コンクリート輸送時間の確認
生コンの製品検査
  • スランプ試験の実施
  • コンクリート温度管理
  • 生コン空気量測定
  • 塩分物含有試験
各種試験結果の確認

内・外装工事

各種材料の受入検査
  • 各種材料のメーカー,仕様,品番等をチェックリストに基づく受入検査後、仕上げの工事を実施する。
各種工程の工程内検査
  • 各工程では、次工程への引継ぐための工程内検査を行い。合格後、次工程の工事に着工する。
  • 足場解体前には、検査員にて検査を行い合格後解体を実施する。
足場解体前の外壁検査
  • 外壁タイル引張強度試験立会
  • 外壁の施工状況確認
  • 屋上防水施工状況確認
  • 竣工検査
    検査員により社内検査実施

  • 諸官庁 検査

  • お客様の検査

  • お引き渡し

お客様立会いのもと担当者による自主検査を行い建物保全のフォローをいたします。

定期点検
  • 1年点検・2年点検
  • 5年点検・10年点検
    (建物メンテナンスについて専門スタッフがご提案)